松山 歓己 / Kanki Matsuyama

自己紹介

松山 歓己 / Kanki Matsuyama

2020年7月1日に入社。

イツノマでは、

  • 教育に関すること
  • 写真 / 動画 / Web

を主に担当しています。

Q
趣味
A

バスケ、登山、パンづくり

Q
好きな食べ物
A

たまごサンド、アボカド

簡単な経歴

1993年大阪府生まれ。子どもの頃から言語コミュニケーションよりも、写真や創作で自分を表現することが得意でした。人間の意思疎通とは何かを考え、どのような方法で意思を伝えるのか追求するため、大学では「人間環境・文化コミュニケーション学」を専攻。カリキュラムの中で他国の文化や価値観などの異文化理解に興味を持ち、大学2年終了時に休学することを決めました。

  • 2013年4月よりオーストラリアへ留学。
  • 実践的な英語の習得と独学で写真を勉強。
  • 2年を過ごした後、1年にわたってアメリカ大陸を縦断。
  • 世界中の「自然」と「異文化」をテーマに撮影、発表。
  • ​​​2017年より、日本で写真家としての活動を始めました。

同年、株式会社Ponnufが経営するコワーキングコミュニティのスタッフを担当。

業務委託として、

  • コワーキングスペース運営
  • 広報(SNS運用、メディア記事作成)
  • ワークキャリア(講師業)- 主な業務

などを受託した後、フリーランスのフォトグラファーとして独立。

3年ほど個人事業主として活動し、2020年7月「株式会社イツノマ」へ入社(宮崎県に移住)

スキル・特徴

  • 写真撮影 / 編集
  • 動画撮影 / 編集
  • 記事執筆 / SEO
  • WEBサイト制作
  • 講師業 / 資料作成
  • 取材ライティング
  • WEBマーケティング

自分を一言で表すと?

ひとつまみのお塩

実績・作品

▼これまでの登壇・講師実績
https://wemmick3.com/achievement

このさきやってみたいこと

これまでは、Webを通して

  • 広告
  • 動画
  • サイト
  • メディア

などの制作に携わってきましたが、講師業を始めてから

誰かの

  • 成長したい
  • 夢を持ちたい、追いかけたい

という動機づくりができることに達成感を感じていました。

もっと幅広い領域で自分の価値を高めつつ、前職で特にやりがいを感じていた

  • 子どもの成長
  • ターニングポイントに関わる

という仕事をしたいと思い、より深く教育に携わっていきたいです。

子どもたちが平等な教育を受けるために

  • 子どもの未来を創っていきたい
  • 先生として子どもと向き合いたい

生まれた環境や背景に左右されることなく、子どもたち(次世代)の将来の可能性を広げること。選択肢を与えられる先生を目指しています。

異文化理解において、単に英語の運用力を育成するだけでなく「自分と異なる文化の存在を知る」こと。コミュニケーションを通して体験的に理解することは、母国語と文化を振り返ることにも繋がり、新しい気づきや発見があるはずです。

これから挑戦したいことは、教育の現場に携わること。

  • オンライン教育事業
  • 広報、マーケティング業務
  • 英会話学童にまつわる仕事
  • クリエイティブワーク…etc

子どもたちが楽しく学び、生き方を考えさせられるような教育の在り方を考えていきたいです。