まちづくり
COMMUNITY BUILDING

まちづくり教育

⼩さな町のキャリア教育は、
まちづくりと連動し、学⽣が⾃ら考え
動ける起動⼈材を輩出

つの未来学(都農中学校)

都農中学校の総合的学習の時間を年間15時間活用、「未来に向け自ら起動する人材」を増やすことを目標に学習プログラムを企画・実施。年間テーマ(地域課題)を設定、 1年生「これからの農業」、2年生「気候変動対策」、3年生「地方で起業」。課題当事者3名が直接、現状の課題を説明、中学生が課題解決アイデアを100個出し、6〜9個のプロジェクトチームを結成。具体的なアクション、町内への発信まですることを目指していいる。 2年生の学習を起点に「都農町ゼロカーボンタウン宣言」が表明

契約先 :一般財団法人つの未来まちづくり推進機構
     (都農町キャリア教育支援センター)
契約期間:2020年4月〜現在

詳しくはこちらから

つのワク(都農中学校)

都農中学校で実施する「つの未来学」とあわせて、都農で働くことにワクワクする職場体験プログラム。イツノマが30事業所を個別訪問、中学生にとって魅力ある体験プログラムを企画。当事者意識を持てるよう、受け身ではない提案で終わることをミッション。初日の終わりは30事業所で体験している中学生がタブレットからZOOMで共有。3日間の最終日は、事業所が中学校に一堂に会し、中学生全員とこれからのキャリアや都農町について一日かけて車座対話する「つのワク」サミットを開催。

契約先 :一般財団法人つの未来まちづくり推進機構
     (都農町キャリア教育支援センター)
契約期間:2020年4月〜現在

詳しくはこちらから

ゼロカーボン

都農中学校2年生の「つの未来学」における気候変動対策アイデアがきっかけとなり2021年9月13日に都農町として「ゼロカーボンタウン宣言」を表明。具体的な戦略のひとつとして、2050年の主役となる小・中学生選抜9名のメンバーでチームを結成。9名が議論して、2050年に緑で希望を持てるようチーム名は「Green Hope」に。学生たちだけの議論によってテーマは「木と花を植える」で決定。町長や町議員をはじめ、町に対してゼロカーボン政策のアイデアを合計9回の打ち合わせで策定、提言する。

契約先 :一般財団法人つの未来まちづくり推進機構
契約期間:2020年4月〜現在

詳しくはこちらから

まちづくりツアー

2021年10月、京都市立日吉ヶ丘高校の2年生78名が都農町に修学旅行で来訪。都農町として初めての修学旅行の受け入れ。閉校になった都農高校を本拠地に、「ゼロカーボン×廃校活用」をテーマに2日間のワークショップ。地元の小・中学生も議論に参加。東京からボランティアで社会人が6名参加。最終日は都農町長も合流。2日間にわたり合計9グループがプレゼン。今後、SDGsや地方創生をテーマとする教育旅行を希望する高校、サマースクール、大学、社会人向けのまちづくりツアーを造成。

NHKニュース放映(1116日)】
https://itsunoma.co.jp/nhkmiyazaki/

【まちづくりツアー(プレスリリース)】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000071777.html

-つのTVニュース-
https://itsunoma.co.jp/nhkmiyazaki/

詳しくはこちらから

まちづくりカレッジ

2021年9月に開業した、まちづくりホステルALAの連動企画。まちづくりに関心のある人たちが集まるオンラインコミュニティ。毎月1回、ZOOMでオンラインイベントを開催。都農町のリアルなまちづくりや地方での働き方を紹介。日常はSlackで双方向のコミュニケーション。カレッジ会員を対象に、定期的に都農町まちづくりツアーを開催、現地でよりリアルなまちづくりを体験。2021年11月には京都市立日吉ヶ丘高校の修学旅行受け入れのファシリテーターとして、カレッジ会員4名が都農町に。

【まちづくりカレッジ】
https://ala-tsuno.com/machi-college/

詳しくはこちらから

お問い合わせ先

各種お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせフォーム