人からはじまる、まちづくり

MISSION/VISION/STYLE

株式会社イツノマは、⼈⼝1万⼈の過疎地、宮崎県都農町(つのちょう)を本拠地とする2020年創業のまちづくりベンチャーです。

「⼈からはじまる、まちづくり」をミッションに、こどもが参画するまちづくり、地⽅で新しいコトを起こす⼈が出会える場づくりを⽬指しています。

現在は、まちのグランドデザイン、⼩中学校の総合・探究学習、まちづくりホステルの経営など、⼩さな町の⼩さな会社ならでは、多種多彩なプロジェクトに挑戦しています。

MISSION(イツノマを創業した想い、変わらない使命)

まちづくりで⼀番⼤切なのは⼈。イツノマが考えるまちづくりは、⽣まれ育った⼈がずっと住み続けたい、Uターンしたいと思える環境やしくみをつくること。⾃らコトを起こし、⼈やまちを動かす起動⼈材をあたらしいまちづくりの担い⼿に。

VISION(未来に向けて、イツノマが⽬指す理想の姿)

「あ!いいこと思いついちゃった」からはじまり、⾃分たちで⾃分たちのまちを変えられる、つくれることにワクワクできるまちが、イツノマの⽬指す姿です。まちの未来につながるこどもや若者の可能性を拡げることができる会社を⽬指します。

STYLE(イツノマらしさ)

ポジティブはイツノマらしさで⼀番⼤事なことば。
どんな状態に陥っても前向きに、どんな時でも積極果敢な⾏動をする。

社名の由来、「いつの間に?」には「⾃然体であること」「⿊⼦であること」そして「スピード感あること」の意味が込められています。

地道で単調な作業が多い地⽅のまちづくりだからこそ、がんばりたいクリエイティビティ。どんな仕事や⼈でも⾯⽩がれることがイツノマらしい向き合い⽅です。

STAFF

中川 敬文
Keibun Nakagawa

東京都出身、関西学院大学社会学部卒業。1989年ポーラ入社。1993年新潟県上越市に家族で移住、当時国内最大級のパワー型ショッピングセンターの立ち上げと運営。

1999年UDS株式会社入社、2003年より代表取締役(2011年より社長)。「キッザニア東京」、「INBOUND LEAGUE」「神保町ブックセンター」「SHIMOKITA COLLEGE」「ロマンスカーミュージアム」「ここ滋賀」「薩摩川内市スマートハウス」、日本初のイエナプランスクール「大日向小学校」「常石小学校」などの場づくり、地方自治体のまちづくり、中高生のキャリア教育を手がける。

2020年3月に社長退任して宮崎県都農町に移住、株式会社イツノマ起業。都農町にて、グランドデザイン策定、都農高校跡地基本計画、商店街再生イベント「みちくさ市」、デジタル・フレンドリー戦略(2021年グッドデザイン賞ベスト100)、ゼロカーボン戦略(都農町ゼロカーボンタウン宣言|ゼロカーボンU-18議会創設)、都農中学校にて年間15時間の総合学習プログラム「つの未来学」(2021年文部科学大臣表彰受賞)、中学生の地域クラブ「まちづくり部」創部。こども参画まちづくり(第15回日本まちづくり大賞)を実践中。

2021年9月に、敷地5,000㎡の耕作放棄地にある2軒の空き家をリノベーション、「まちづくりホステルALA」を開業、まちづくりに関心のある社会人・学生のスタディツアーを実施、町内外の交流を促進。

著書(共著):『おもてなし・デザイン・パターン』(翔泳社)

主な実績(UDS在籍時)

キッザニア東京:職業体験テーマパーク

大日向小学校:日本初のイエナプランスクール

SHIMOKITA COLLEGE:居住型教育施設

渡邊 佳


執行役員
クリエイティブディレクター

吉良 倫太郎


運営ディレクター

中川 アラ


看板犬

COMPANY

本社は1927年築の元歯科医院をリノベーションした
都農町初のコワーキングスペース

会社名株式会社イツノマ
設 立2020年1月
所在地宮崎県児湯郡都農町川北4822-1 YARD1927
役 員代表取締役CEO中川 敬文
社員数3名(2024年4月現在)
事 業場づくり・デジタル推進・まちづくり教育
取引先都農町 / 宮崎市 / 延岡市 / 日南市 / 日向市 / 三股町 / 薩摩川内市 
都農ワイン / シカケ / 宮崎大学医学部(地域医療・総合診療医学講座)
JTB / JR東日本企画 / コムブレインズ / 一般財団法人つの未来まちづくり推進機構
パントリーけいすけ / 株式会社昭和テクノコンベヤ
黒木食鳥 / NPO法人都農enjoyスポーツクラブ
都農コミュニティクラブ / NPO法人PLAY TANK

相談してみる TOP